7/1よりまちテナスタジオ再稼働!

6/10(水)街角レポート 改めて学び直す「熱中症対策と予防」byひとみん(人見悠介)

水曜日街角レポーターのひとみんです。
緊急事態宣言が解除されて、約2週間。
休業要請緩和もステップ3になろうとしている中ではありますが、
まだまだ油断せずに本日も自宅からのリモート出演なひとみんですm(_ _)m

自宅でのリモートでしたが、気温が高く真夏日だったこともあり汗を流しながらのリモート出演。
コロナの対策も重要ですが、加えて熱中症の対策も必須な気温となりました。
そこで今回は「熱中症とその対策」についてお話いたしました!

まず『熱中症』とは↓
--------------------
体は主に汗をかいて熱を体外に放出することで体温を調節しています。この熱を体の外に放出し切れなくなると、体の中に熱が込められてしまいます。
こうして起こる様々な病態を総称したのが

「熱中症」

症状の度合いによって
「日射病」「熱痙攣」「熱疲労」「熱射病」に分けられます。
--------------------

この熱中症が起きてしまった時の『対策』として↓

-----------------ーーー
(1)風通しのよい日陰など、涼しい場所で安静にさせる。冷房が効いた室内も効果的。

(2)意識がハッキリしていれば水分補給する。スポーツドリンクなど塩分を含むものがよい。

(3)衣服をゆるめ、足を少し高くして寝かせる。

(4)体温が非常に高いときは出来るだけ冷やす。アイスパックなどを身体に当てる。

(5)意識が無かったり、おかしかったりしたら、直ちに救急車を呼んで病院に搬送する。
--------------------
となっております。
こちらは起きた場合の応急処置などになっており、1番は『熱中症を起こさない』事が重要となります。

そこで次に「熱中症予防」についてどんなことをしたら良いかをお話しいたしました。

まず熱中症を予防するためには、脱水症状を予防する事が鍵となります。
こまめな水分補給や就寝前、起床後に水を飲むなどありますが、より予防として最適な飲み物があるのをご存知でしょうか?

それは

「牛乳」です。

身体には水分を保つ力である“水分保持能力”がありこの水分保持能力の高い飲みものが牛乳となっております。
予防だけでなく、3大栄養素やビタミン・ミネラル等がバランスよく含まれており栄養補給も出来て一石二鳥な飲み物となっております。

そんな素晴らしい牛乳、体質的に飲めない方もいらっしゃると思われます。
そこで牛乳を飲めない方のための、熱中症予防の為のドリンクをリモート出演後半で作成いたしました!!

題して「自宅で作れるお手軽熱中症予防ドリンク」🎶

作り方はとても簡単です!

材料
500mlペットボトル(水筒でも可)
水   450ml
お湯 50ml
蜂蜜  大さじ1
塩   小さじ1/4
ポッカレモン 大さじ1
-----------------ーーー

軽量カップに お湯と蜂蜜と塩を入れてよくかき混ぜ ポッカレモンを入れます。 

②
キレイに洗ったペットボトルに①を注ぎ入れ水を入れて完成です。 

③
冷蔵庫でよく冷やすと飲みやすいです。 

※お湯を沸かすのが面倒な時は直接ペットボトルに水を500ml蜂蜜・塩・ポッカレモンを入れてシャカシャカ振って作ります。
-----------------ーーー
コレだけで簡単に自作予防ドリンクを作れます!
味が薄かった場合は、ポッカレモンで味を調整するとより美味しく飲めると思われます(´ω`)/

これから気温がより高くなり、マスクも手放せない生活が続くと思われます。
ですが、予防をしっかりと行いコロナにも熱中症にも負けない身体にしていきましょう!

byひとみん