7/1よりまちテナスタジオ再稼働!

8/8ウィークエンドボイス放送後記

スタジオはまたまた芝久保のAスタジオからお届けしています。
窓を開けての臨場感あふれる放送、お楽しみください♪

11時14分~ 1コマラジオ   *メッセージ応募してね!
11時15分~ ゲストコーナー けやき出版 小崎奈央子さん
11時45分~ スポーツコーナー by酒匂匠キャスター
12時02分~ まちテナPickUp!
12時15分~ ロコラボインフォ
      (common’s special days / ナチュラルエクスチェンジ)
12時26分~ 西東京マニアックス
      *インスタ回答締め切りは毎週金曜日!
12時37分~ まちスタボイス(東久留米市ブルーベリー狩り)
12時43分~ まちのおと( 8/7 西武柳沢・風鈴と電車の音)

けやき出版 代表取締役 小崎奈央子さん

今回はちょっと視野を広げて「多摩エリア」からゲストをお迎え!

立川で50年続く出版社の4代目社長を務める小崎奈央子さん。
6月に創刊された新雑誌「BALL.」についてお話しいただきました!

はずむように働こう! 6月創刊「BALL.」

生まれも育ちも多摩 。「多摩エリアの広報部長」と自ら名乗るほど、多摩愛にあふれている小崎さん。
 本が大好きでけやき出版に就職。雑誌「たまら・び」では多摩エリア各市を深堀りし、現地の市民ライターと雑誌を作り上げていきました。多摩エリアへの愛着と絆ができた取り組みでした。
 西東京市とご縁がつながったのは「たまら・び 西東京市号(84号・2014年)」。自由でアイデアあふれる市民が多く関わった号でもあり、小崎さんが初めて編集長を務めた思い入れのある市でもあります。

「西東京市はマイホームです!」 と小崎さん。

\はずむように働こう!/「BALL.」創刊!

  取材や様々な出会いを通して多摩エリアの大きな可能性を感じ 「たまら・び 西東京市号」から一年後、けやき出版の社長に。
  2018年には多摩エリアのクリエイターと企業やビジネスをつなぐプラットフォームを創造するプロジェクト「TeiP」を立ち上げます。
様々な事業者や個人事業者がつながり、WEBマガジンTeiPSchoolなど、様々なプロジェクトが進む中、6月に「BALL.」が創刊されました。
(創刊キックオフイベントの様子はこちらから)

「TeiP」プロジェクトから誕生。
多摩=球=ボール……いいですねぇ^^

 創刊号のテーマは「東京サバイバル 狩りと伐り」。 様々な視点からの記事は、仕事を通して見える多摩エリアの魅力がてんこ盛り。「これ東京?」と二度見してしまう写真や記事に「こんな世界が近くにあったなんて!」と新たな発見があるかもしれません。ぜひ読んでみてくださいね♪

放送には娘さんも登場。「 子育てはいろんな人の力を借りたり協力しています」と小崎さん。
「多摩っ子に、素晴らしい多摩の未来をつなげていきたい」とも。

「BALL.」は年2回発行予定。第2号は11月を予定しているとのこと。
次号も楽しみにしています!

「BALL.」は田無駅改札横「まちテナショップ」でも販売しています

(文:廣田亜希子/写真:地域と映像・佐藤洋輔)

1コマラジオ (8/8放送分)

 1コマラジオでは16秒のメッセージを大募集中です! 自分語り、まちのこと、小噺、歌、ものまね、愛の告白でもなんでもオッケーです。※お店の宣伝はNGです。スマホ等の録音機能を使って、メールでお送りください。
たくさんのご応募お待ちしています。
※16秒を過ぎたものはこちらでカットします。12秒以下の音声は使用できません。

西東京マニアックス 正解発表!Vol.17

ここはどこでしょう~?

石!?
なんだか耳みたいなものがついてる….!?
ウサギ!?!?!?
今回の放送では答えもでず……。

正解は西東京市 谷戸イチョウ公園の入り口にある
大きな石のモニュメント廻り岩でした!

西東京市谷戸町二丁目の団地の中にある谷戸イチョウ公園。
その入り口に大きな石のモニュメント「廻り岩」はあります。
このモニュメント「廻る石」は、昭和62年の6月に東京都文化デザイン事業として東京都から譲渡された物なんです。
※ちなみに谷戸イチョウ公園は昭和62年5月12日に共用開始されました。
「廻り岩」を手掛けたのは巨大彫刻家として有名な半田富久さんという方で、代表作は1985年 筑波国際科学技術博覧会日本政府出展モニュメントで、60トン石が指で動く「揺るぎ石」という作品!!
YouTubeに「揺るぎ石」を実際に動かす動画があって見て見たんですけど……本当に巨大な石の彫刻が動いていて驚きでした!!(笑)
海外の美術館や彫刻展にも出展されるなど、世界的に活躍されていて50以上の作品を世に残された方なのです。
半田さんの現在ですが、2017年4月20日 埼玉県内で自家用車運転中に事故を起こして亡くなってしまいました。享年80歳でした。
こんなすごい方の作品が西東京市にあるなんてすごいですよね~。
そんなことも知らずにいつも目の前を通り過ぎておりました😂

そしてこの「廻る石」も名前の通り回ります!!
生田編集長26歳!!実際に回してみようとがんばりました!
しかしとっても重くて回りませんでした!(笑)
廻るはずなのに、、、。
またいつか何人か連れてトライしてみようと思います!(笑)

このイチョウ公園ですが、実は色々と盛り沢山でして、この『廻る石』意外に二つもモニュメントがあるんで!!
それがこちら!!

この二つのモニュメントは「TAMAらいふ21」の国際野外彫刻展で設置されたそうです。「TAMAらいふ21」(たまらいふにじゅういち)は1993年(平成5年)に東京多摩地域で開催された地方博覧会多摩地域の東京都編入100周年を記念し『「多摩新時代の創造」-世界に開かれた人間都市・東京の新機軸-』をテーマに、東京都立川市の国営昭和記念公園をメイン会場として、多摩地域全域で開催されたイベントなんです。
4m級のモニュメントは大木達美さんの作品で、鉄製のモニュメントは松本憲宣さんの作品です。
このTAMAライフ21の詳しいことは雑誌が出ているようで、二つの作品の詳しいことは雑誌の第6巻に記載されているようです。
気になる方はこのマニアックな雑誌を探してみては?

てな感じで谷戸イチョウ公園!実にマニアックですな〜。
名前の通りイチョウもあり!モニュメントあり!池あり!遊具も充実!
てんこ盛りや〜。
皆様行ってみてください♪

正解者発表!

今回の正解者は
タキシータさん、kazamatchさん、永見さん、たくのスプーンさん、ヤッピーさん、小沼さん、岩穴口さん、杉野さん、8名の正解者が!!( ゚д゚)

そして当選者の3名様!!
たくのスプーンさん
岩穴口さん
永見さん
オリジナルステッカー、ぜひまちテナまで取りに来てください。

それでは次回もよろしくマニアック!
(文:生田哲也)

回答は、インスタグラムとフェイスブックのメッセージ機能にて。
出題は水曜日のみ1回になりました!

まちの音

8月7日 電車の音と風鈴の音