おうち時間はFM西東京(84.2MHz)で!

9/25 FC東京スピリットサタデー!放送後記 #fctokyo #842fm

ホームゲームに戻ってきて、写真掲載も復活です。まず横浜FC戦は輝きまくっていたこの男祭り。

帰ってきた5(+0)番、長友佑都選手。
アウェイ連戦で勝った試合負けた試合。内容も気迫も、良くなったようなそうでもないような安定しない状況を、この熱い男ががっちりまとめて固めて弾ませて満足度高い試合に昇華してくれました。
本人のパフォーマンスが良いのは元より、周りの気持ち、プレーの積極性を高めるサポートや鼓舞をしてくれる選手のありがたさをひしひし感じたのは私だけではないはず…むしろ全サポーターが感じたと言えるのでは?
頼もしく嬉しいですね。では今までは…という点は一先ず置いておきましょう。

そして連戦、好調強敵のグランパスとは1-1引き分け。相手GKランゲラック選手の壁は厚かった。けれどあと2、3点取れてもおかしくなかった攻撃が、リアクションや偶発ではなく計画性感じるプレーから生まれていた事が、横浜FC戦から続き次への期待を感じさせてくれます。
レアンドロが退場し10人になってからも、引き分け御の字ではなく勝ち越すのではとも感じるファイト。評価できるのではないでしょうか。
同時に終盤の大ピンチがありましたが、こちらも気迫溢れるブロック。波多野選手と青木選手だったでしょうか?

小川選手の怪我の状態が気になるところです。サイドバック離脱、今期重なりすぎですね。

浦和、川崎、名古屋とルヴァン2連戦とタイトでタフなチームと続きます。この覇気と積極性の継続が、良い結果をもたらせてくれると信じます。

酒匂匠
撮影:赤木真二(転載不可)