おうち時間はFM西東京(84.2MHz)で!

【突撃!!お昼の学校!】8/19(木)第8回 都立武蔵野北高等学校より! by ゆったり感 中村

番組をお聞き頂くのはコチラから↓

↑都立武蔵野北高等学校ご出演(202年8月19日放送)
※著作権の管理上、配信に際して許諾が必要な楽曲はカットしてあります。

番組ブログはコチラから↓

都立武蔵野北高等学校

校門をくぐり、校舎の中に入る。

何も言ってないのに1人の男子生徒が「こちらです!」と案内してくれた。

この無駄のない完璧なエスコートが、学校の廊下なのにまるでレッドカーペットを歩いているかの様に感じさせてくれた。

今回の収録場所は生徒会室。

生徒会室にたどり着くまでに、今までで見た事のない光景が飛び込んでくる。

廊下の両脇に赤本やら教科書やらがズラッと置いてあり、しかも廊下に学習机が並んでいる。

廊下にこれだけの机が置いてあるのは、年に数回ある教室のワックス掛けの時の記憶しかない。

そして何よりも驚いたのが、その廊下に置いてある机で、生徒が黙々と勉強をしているのだ。

今日は8月12日。

夏休みだよね??

夏休みに自主的に学校に来て、この子達は勉強をしているのか?

中には親が作ってくれたお弁当を食べながら勉強をしている子もいた。

これが進学校って奴なのか?

私が学生の時の廊下といえば、ピンポン玉を投げてホウキをバット代わりにして野球をするというのが、正しい廊下の使い方だったぞ!

この見慣れない光景に衝撃を受け、自分の愚かだった学生時代を思い出しながら生徒会室に入る。

生徒会室では、先に来ていた山賊スタッフ達が機材のセッティングをしている。

そして愚かな私に、明るくニコニコ話しかけてくれる女子高生が、本日出演してくれる生徒会長。

彼女の笑顔と返ってくる言葉の全てが純粋且つ綺麗で、マイナスイオンを浴びているかの様な錯覚に陥った。

私はそんな彼女にどんどん話しかけてしまい、気づくと「妖怪キモおっさん」と化してしまった。

生徒会室には冷房がなく、汗をかきながら黙々と作業をする山賊スタッフは、生徒会長と楽しそうに話す「妖怪キモおっさん」を一刻も早く成仏させたかっただろう。

山賊スタッフの中に鬼太郎がいなくて助かった。

そんな汗かきながらセッティングをする山賊スタッフに、優しい先生から紅茶の差し入れを頂いた。

必死に働く山賊スタッフよりも先に紅茶を飲む「妖怪キモおっさん」を、山賊スタッフは一刻も早く成仏させたかっただろう。

山賊スタッフの中に陰陽師がいなくて助かった。

そして準備が整い本番を迎えた。

出演して頂いたのは生徒会の2人。

2年生の生徒会長の女子高生と1年生の監査の男子学生。

聴いて頂いた方はわかると思うが、出演してくれた2人ともに、アンサーが簡潔にまとまっているのが良くわかる。

国語力というのだろうか、言葉に無駄がないのだ。

私の寄り道しかしない無駄でしかない話を、ニコニコとマザーテレサの様な眼差しで頷きながら聞いてくれる生徒会長。

監査の彼から返ってくる言葉は、ユニークさに溢れいちいち面白い。

「何でいつも僕オチなんですか?」の返しには心の中で拍手を送っていた。

素晴らしい!!!!

素晴らしいよ、この2人!!!!

この2人の生徒こそが、武蔵野北高等学校の魅力なのである。

放送中、お互い生徒同士で誉め合う時間があった。

そのやり取りを見て、生徒会のメンバー同士が尊敬しあい、同じ目標に向かって1つにまとまっている事が伝わる。

私からこの生徒会のメンバーに言える事は1つだけ。

生意気にも人生の先輩として言わせて欲しい。

それは「生徒会室に扇風機を置きなさい!」

これだけである。

後は何も言う事がない。

完璧な生徒達だ!!!!

そして収録が終わり、校長先生に挨拶させて頂いた。

私はピンときたよ!!!

校長先生かなり面白いぞ!!

次は校長先生にも出て頂きたい!!

武蔵野北高等学校から車での帰り道、バス停でバスを待ってる監査の男子学生に合う。

車の中から「ありがとう!!」と言いながら手を振る私を、満面の笑みで手を振り返してくれた彼の笑顔は、最後にふさわしい最高のエスコートだった。

武蔵野北高等学校の皆様、ありがとうございました!

ゆったり感中村


再放送もお聞き逃しなく!
【再放送スケジュール】

8月19日(木)22時30分~23時00分
8月26日(木)12時15分~12時45分
       22時30分~23時00分