7/1よりまちテナスタジオ再稼働!

第389回 親子の絆 200613

家族が顔を合わせることが多かったと思います。氣の観点からも親と子の関係はとても深いものがあります

学校が休校になったり仕事も在宅勤務になって、

家族が顔を合わせる機会は多かったと思います。

どんな生活を送っていたでしょう。

家族団らんを楽しんだ家もあれば、何となく気まずい家庭もあったのではないでしょうか。

しかし、家族は氣で深くつながっています。

特に親子の氣の絆はとても強くて、お互いに氣が影響を与え合います。

親が自分の氣のレベルを上げれば、その影響で子どもの氣のレベルも上がることがあるのです。