2021年もFM西東京をよろしくお願いいたします

あんどうりすの防災四季だより 21年3月21日「対談:ヤマトプロテック株式会社マーケティング本部 市川誠さん」

あんどうりすの防災四季だより

近年、大地震や豪雨水害の発生が相次ぐなか、市民にとっても「防災・減災」は非常に身近な話題となっています。以前と比べ、防災の知識に触れることが増えていますが、わたしたちは覚えた知識をマニュアル化してはいないでしょうか?
この番組では、四季に合わせた「防災・減災」のトピックをあらゆる視点で紹介します。
パーソナリティーを務めるのはアウトドア防災ガイドのあんどうりすさん。
アウトドアで出会ったスキルを楽しくわかりやすく話してくださいます。

アウトドアって大変そう…防災って難しそう…そんなことないんです。
気がついたら防災の知識が身についていた!そんな時間になるはずです。

りす)
本日はヤマトプロテック株式会社マーケティング本部 市川誠さんにお越し頂いております。
市川さん、こんにちは。

市川さん)
こんにちは 、ヤマトプロテックの市川です。
よろしくお願いいたします。

ヤマトプロテック株式会社 
https://www.yamatoprotec.co.jp/

りす)
本日、ヤマトプロテックの市川さんに来ていただいたのは、ヤマトプロテックさんの K/SMOKE PANEL (ケースモークパネル)という建材があるんですけれども、これは0.2ミリの薄いシート状の消火剤ということなので、紹介をしていただけますでしょうか。

市川さん)
ありがとうございます。

こちらの K/SMOKE PANEL は、シート状になっていまして、シートが自動で炎の熱に反応してくれて、そちらが 煙状になりまして、その煙状が炎を消してくれるという、
今までにない、新しい消化剤となっています。


詳しくはラジオライブラリーをお聞きください。

放送の文字起こしを、記事と同じページに掲載しています。
音声をお聞きいただきながら、文字で情報やデータをご確認ください。

 

放送音源

   

 

文字情報

K/SMOKE PANEL とは?!

りす)
消火剤と言うと、燃えているものに吹き付けてと言うイメージなんですけれども、これはシート状のものを置いたり貼ったりすれば、自動で消化してくれるというものなんですよね。

市川さん)
そうですね、こちらのアイデアのもともとの背景はですね、京都アニメーションさんで悲惨なガソリン放火火災がございまして、 我々消防のメーカーとしても非常につらいものになったんですが、 あの時も、消防法上は何の問題もない建物だったのですが、 結果的に36名の方が亡くなってしまったという悲惨な事故がございました。
やはり、問題はですね、ああいう状態では人が消火をしたりとか、そういった活動をするのは現実的には無理なんですね。
そうなると、やはり自動で作動してあげるというところが非常に大事だと思いまして…。
今回の我々のK/SMOKE と言うとても消火能力が高い薬剤をもっておりましたので、こちらをシート状にすることで、あとから設置することも簡単ですし、当然、新設でつけることもできますし、自動で対応してくれる。
且つ、電気とか、水槽とか、水とか、そういったものとか必要ないという事で
非常にシンプルな構成になっておりますので、非常に今後こういったものが活用できればと思っています。

りす)
自動でと言うと、300度くらいになると、その K/SMOKE PANELのKはカリウムっていう意味ですよね?

市川さん)
はい、Kはおっしゃるようにカリウムを主成分としておりまして、弊社の商品名でKスモーク、 スモークはまさに煙ですけれども。
こちらの特徴もですね、いずれも人体にも安全なんですね

万が一、人がいても、そういった薬剤による窒息や中毒になるようなこともないというところもポイントだと思います。

りす)
体に無害なのに、安全な煙で瞬時に消化するっていう事なんですけれども、すごいですよね。
このようなものは国内外にも例がないそうです。
しかも、シート状で、軽量小型設計で狭い場所にも取り付け可能ということで、
ガソリン放火火災、京都アニメーション事件や新幹線の放火もありましたよね。
首里城のようなスプリンクラーを設置できてない所にも対策可能っていうことなんですけれども、これからさらに色々な場所に応用できるのではないかと思うのですけれども、どういうことが考えられるでしょうか?

市川さん)
今時点はですね、工場の配電盤の設備の中とか、工作機械とか、生産設備に使われる機械があるんですけれども、そういったものへの設置は進んでおります。

K/SMOKE PANEL をより使いやすく

市川さん)
我々としては今後、消防法にのっとった形で、もっと幅広い形で使って頂けるよう、消防行政の方と相談して行って、より設置しやすい状況に持って行きたいと思っています。

りす)
なるほど、シート状になっているということで、切り取って、例えば携帯の充電器などは、飛行機の中に持ち込めないってことがありますが、発火のおそれがあるので、それを自分で貼ってという事も可能になるんですよね。

市川さん)
はい、やはり、今、バッテリーは携帯、パソコン、車や色々な方面に使われていますので、バッテリーの発火に対しても非常に有効なものだと思っています。

やはり今後はですね、こういったシート状の K/SMOKE PANEL を設置することで、みなさま方が安全に ご使用して頂けるような環境に持って行ければと思っております。


りす)
ということで、本日は、ヤマトプロテック株式会社マーケティング本部市川誠さんにお越し頂きました。

皆さんいかがだったでしょうか?
その場にいなくても、自分で消火するシート、未来の消火技術だと思います。

K/SMOKE PANEL のYou tube動画もご覧くださいね。

https://www.youtube.com/watch?v=IytEVEjLDOs

りす)
また、みなさまの会社でもこんな防災の取り組みあるよ!
というのがありましたら、
是非、FM西東京までお寄せください。

本日は市川さんありがとうございました。

市川さん)
ありがとうございました。


ヤマトプロテック株式会社 
https://www.yamatoprotec.co.jp/

K/SMOKE PANEL
https://www.yamatoprotec.co.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/05-076-2006.pdf




あなたからのメッセージをお待ちしています!

この番組を聞いて、アウトドア好きになった人
結構いると聞いてます。
皆さんも、こんなの見つけたよとか
このアウトドアグッズ防災に使えそうとか
そういうアイディアありましたら
ぜひFM西東京のホームページにアクセスしていただいて
ご意見ご感想をお寄せください。
よろしくお願いします。

メッセージはこちらから
メッセージ・リクエストフォーム

  

あなたからのメッセージをお待ちしています☆  

  

 提供:
有限会社シムラ https://sumitai-ie.jp/
株式会社デコス https://www.decos.co.jp/
日本ボレイト株式会社 https://borate.jp/
さかもと助産所  http://www.cam.hi-ho.ne

 

https://842fm.com/wp_842fm/wp-content/uploads/2020/10/risuakaunt-e1604039552345.jpg

公式Youtubeチャンネル あんどうりす 防災・減災ch
チャンネル登録お願いします!