おうち時間はFM西東京(84.2MHz)で!

10/16 FC東京スピリットサタデー放送後記 #fctokyo #842fm

ルヴァンカップ準決勝2戦目を振り返りました。
ホームでしたが、試合写真は今回お休みです。

試合には勝ちましたが、残念ながら決勝進出はならず。2試合目は概ね良い内容でしたし、一時的には突破の条件を満たしただけに悔しい思いはひとしお。

名古屋はわかりやすいほどに守備的で、なんなら2点取られる事があったらプランを変更すればいいと言わんばかりな前半で、東京はそれをきっちり突いて2得点。そして名古屋は動きを変えて、お互いそこからが本当の勝負でした。
名古屋は攻めなければいけないのでやる事は明白、一方東京はそのままでも突破できるが失点すればまたひっくり返るだけに迷う所。
ここでアダイウトン選手を下げ東選手を投入、メッセージとしては守備を強めると言え、構えてしまった。結果的に流れを渡してしまい重要な1点を取られてしまいました。

とはいえ、こうした流れの一手が吉になるか凶になるかは過ぎてみないとわからない結果論。
実際に失点の場面を反省すると、バイタルエリアに楔を入れられた時に圧力をかけられず、ゆとりを持ってパスを展開された一連でゴールを押し込まれているので、サイドなりバイタルなりで厳しく行けていないプレーとしての今期の課題が敗因になったという感想です。

ただ、引いた相手をどう崩すかも課題の一つだった中で、名古屋が引いていた時間帯にアクションして2点を奪えた事を収穫として、タイトルはなくても残りリーグ戦で気持ちのこもった試合を見せて欲しいと思います。
1万人弱が熱を持って手を叩き後押ししたスタジアムの雰囲気は心地の良いものでした。

酒匂匠