おうち時間はFM西東京(84.2MHz)で!

10/2 FC東京スピリットサタデー放送後期 #fctokyo #842fm

アイキャッチ画像は、どこか焦り・危機感を持っているような右サイドコンビの静止画に鼓動を感じたのでコレ。

今日の放送は浦和戦を、長谷川監督と田川選手のコメントと共に振り返りました。横浜FC、名古屋戦と良い雰囲気で来ていただけに、パワーを出し切れずに敗戦は悔しい。
一つはやはり中2日というスケジュールで、試合終盤の3バックやパワープレイと強引にでも押し込みたい策を採りつつも迫力に欠けたのは、タイトさが無関係ではないかと思います。

とはいえ、前半でかなりの疲労が伺え交代した渡邊(凌選手と高萩選手は連戦に出場したメンバーではないので、この日の戦い方としても後手を踏む体力消費が激しい試合となってしまったのでしょう。
ディフェンスが引きすぎていてミドル~サードのエリアで相手がノーストレスで、前を向いたプレーをさせる事が多く、そしてカウンターも遠い…という結果走る距離が長くなるウィークポイントは、いつも東京の試合を見ている私達には残念ながら見慣れてしまった今年の景色。
パスを上手く散らし左右に動かすチームには特に顕著に表れてしまいますね。

今日はさらに上位である川崎、そして名古屋とのルヴァン2戦に至っては長友がおらず怪我人も多いためサイドバックが蓮川選手を入れても3人のみの状況で、体力的に乗り切れるかどうか。その為の策は?気になる3連戦です。


田川選手の先制ゴールは見事でした。チャンスの数を考えるともっとゴールを取っていて欲しい選手。抜け出すし、ゴール前で触れるチャンスもあるし、トラップの精度が上がれば確実にゴールが増える選手。その部分において、背後を取った動きから完璧な胸トラップが素晴らしかったですね。あのパスを出せる森重選手もさすがです。

センターバックに関しては、オマリ選手が最近高パフォーマンスで頼もしい。そろそろセットプレイからの得点に期待です。



そういえば余談ですが、後続番組が決定しているとのことですが、FC東京ビバパラダイスさんがその冠では終了という事で、長きに渡りお疲れ様でした。
ビバパラは美鈴響子さんが担当だった時に、FM西東京のFC東京取材陣当時のリーダーが仲良くなり、その後私含めこちらは3人、加え東京が好きな友人2人が加わった仲の良いグループとなり、呑みに行ったり、プチ旅行に行ったり、さらに周りを誘って非定期でフットサルで遊んだりと、そういう点があって愛着感じる番組でした。
とはいえ、定期的に繰り返し放送がありすぎるが故に逆に精力的に見ない、という申し訳ない部分でもあります(苦笑)。
美鈴ちゃんとはそういえばもう何年も会っていませんが、ツイッターは時々動いているようですね。

後任かつ今も、そしてこの後も担当される橘ゆりかさんの活躍は言うまでもなく。当初メキメキと知識を増やし今では多々サッカーで精通され、明るさと度胸でサポーターに愛され、活発な姿勢には尊敬します。

酒匂匠
撮影:赤木真二(転載不可)