あけましておめでとうございます! 2022年もよろしくお願いいたします!!

【突撃!!お昼の学校!】12/16(木)第16回 東京女子学院中学・高等学校より! byゆったり感 中村

番組をお聞きいただくのはコチラから↓

↑東京女子学院中学・高等学校ご出演(2021年12月16日放送)
※著作権の管理上、配信では許諾が必要な楽曲はカットしてあります。

番組ブログはこちらから↓

東京女子学院中学・高等学校

第16回「突撃!!お昼の学校!」は東京女子学院中学・高等学校に突撃させて頂いた。

久しぶりのリアルなお昼休みの時間での収録という事で、打ち合わせもしっかり出来ないまま本番に挑む。
次の授業の時間が迫っているのと、生徒達がお昼ごはんを食べる時間を考慮しての収録。
ドタバタで始まり、ドタバタで終わる。

出演してくれた生徒達は、何が何やらわからないまま始まり、そして終わって行っただろう。

それがおもむろにわかるのが、番組のタイトルコール「お昼の学校!」を生徒達がそんなに言ってくれてなかった事だ!
生徒達は「さっき言われたのここなの?」と、ハッキリと頭の上に「?マーク」が浮かんだまま「お昼の学校!」と言っていた。

学校のエントランスにはクリスマスツリーが!


私は思わず「お前達やってくれたな!」と言ってしまった。
そんな私に対して、生徒達が笑ってくれた事で、生徒達の緊張が少し溶けた気もした。
私は短時間で生徒達の魅力や学校の雰囲気を伝える事に専念した。
どんな状況でも任せてくれ!!
なぜなら私はプロの芸人だ!!

生徒達から引き出せたのは
「学食が美味しい」
「礼法という授業がある」
「先生との距離が近い」
「グラウンドが人工芝」
「グラウンドから富士山が見える」
「入り口の装飾は季節に寄って変わる」
「校内に美術館がある」
これしか聞き出せなかった私はプロ失格である。
なぜなら、出演してくれた生徒達の笑顔が何よりも素敵だった事を、全然伝えきれていなかったからだ。
学校に先に入った我々は、美術館や学食、廊下等を色々案内して頂いた。
校舎の中は、まるで結婚式の様な1階、そして教室は全て木造で作られているせいか、落ち着きがあり、安心して学業に専念出来る空間が広がっていた。
お昼には、生徒達が友達とゴザを敷いて、グラウンドの芝生の上でお弁当を食べていた。
その光景を、武蔵境自動車教習所の運転免許君とこくりょうさんと3人で「何か素敵ですね!」と言いながら車の中から見ていた。
実に気持ちの悪いおじさん3人衆だ。
出演してくれた先生も気さくな方で、生徒達と友達感覚で喋っていて仲の良さが伝わってくる。
出演してくれた中学生の2人も、中学生とは思えない程、自分の意見をしっかり持っていて、ただただ凄いなと感心してしまった。
つまり、何が言いたいかと言うと、この学校の魅力がありすぎて、時間内では伝えられなかったんだよ!!
こんなのプロじゃないだろ??

いつも楽し気な武蔵境自動車教習所のお二人♪


終わった後、それでも「凄い楽しかった!!」と言ってくれた生徒達と、もっと話したかったんだ!!
君達のパーソナルな部分をもっと引き出して上げたかったんだ!!
それなのに「学食の好きなメニューを1人ずつ言わせる」という無意味な時間を作ってしまった私のどこがプロなんだ?
2週目行こうとしてたぞ!!!!!
生徒達は校門に入る時と出る時は一礼をするらしいが、今日の私は校門から出る際、一礼ではなく土下座。
生徒達は「ごきげんよう!」と挨拶をするらしいが、今日の私は「ごきげんよう!」ではなく「すみませんでした!」である。 だってそうだろ?
学食の好きなメニューを1人ずつ言わせてるんたぜ?
ご機嫌よろしくないだろ?
でも、これだけは言えるんだ!!
あの収録中、1番楽しんでるのは間違いなく私だったんだよ!!
それは出演してくれた生徒達や先生を見てたら楽しくなっちゃったんだ!!
つまり君達の雰囲気は、人を楽しくさせる雰囲気があるって事なんだよ!!
それがこの東京女子学院中学・高等学校の魅力なんだと素直に思った。
PS
今回の収録の1番のハイライトは、はるちーが「せっかくだからごきげんようで締めませんか?」と提案したにも関わらず「あれ?ありがとうございましたの後にごきげんようって言えば良いのかな?あれ?どうなんだろう?」と一人でテンパってた所です。
ゆったり感中村

武蔵関から坂道を上がるとすぐに学校